茶道 松尾流松尾流イメージ
HOME松尾流のご紹介五感で愉しむ茶道入会のご案内茶会へのお誘いお問い合わせ
五感で愉しむ茶道

茶の香

和菓子の彩と味
和菓子の彩と味

干菓子/紫野源水
両口屋是清 作
こぼれ萩
吉野葛を茶巾絞りにした、松尾宗典家元のお好み菓子。
秋萩の 佐木散る野辺の 夕露に
   濡れつつ来ませ 夜は更けぬとも
新古今和歌集の歌に合わせて作られた。
両口屋是清 作

月旅行
鍵善良房 作
打衣
衣のように薄い2色のういろうを重ねた、先代葆光斎宗倫家元のお好み菓子。
吾妻軒 作

華裾
栗餡を巻いたういろう。当代お好み菓子。
両口屋是清 作
志なの路
小豆餡を卵皮で包んで焼いた菓子。雪の残る信濃の山並みを、砂糖で表現している。
両口屋是清 作

(c)2007 株式会社 松陰舎.All rights reserved.
1