茶道 松尾流松尾流イメージ
HOME松尾流のご紹介五感で愉しむ茶道入会のご案内茶会へのお誘いお問い合わせ
松尾流のご紹介

家元からのご挨拶

巻頭言

松尾流の特徴

松尾流の歴史

家元対談

家元からのご挨拶



 茶道松尾流ホームページにアクセス頂いたことにまず御礼申し上げます。

 さて茶道というと、硬質なイメージを持たれることと思います。けれど茶道はとても柔軟です。それは「こころ」だからです。

 日本人は、ラジオから流れるアブラゼミやスズムシの鳴き声に、暑さや涼しさを感じる感性を持っています。こうした感性は何百年も前から、私たちの中に流れ続けているものです。ただ、現代人はその感性を表現する機会を持っていません。

 20世紀は「物」の時代でした。人々はたくさんの物を得ることに奔走し、こころをなおざりにしてきました。その結果、走ることに疲れ、いまでは癒されたいと思っています。21世紀は「こころ」の時代です。

 どんな稽古事でもそうですが、最初は「形」から入ります。お茶の稽古を始められると、周りの人に「所作が美しくなった、洗練された」と褒められるでしょう。これは生活にすぐに役立つ目に見える面での利点です。しかしそれだけでは楽しくありません。お茶の稽古では、道具の知識を得たり、茶道の歴史を学んだりしながら、次第に奥へと進みます。行き着くところは精神、つまりこころです。目には見えないけれど、稽古を積んでいるうちに、こころが深くなっていることに気付かれるでしょう。

 茶道の楽しさは一朝一夕には得られません。そのことに臆せず、男性も女性もまずは茶道の入り口に立ってみて下さい。自分らしい感性の表現の場として、茶道松尾流がお手伝いできることを願っております。

松尾宗典

  松尾流家元 松尾宗典
松尾流家元 松尾宗典

Profile
松尾宗典 第12代家元。大徳寺龍光院に入り、妙玄斎宗典の号名を受ける。竜安寺大珠院森永宗興老師に師事する。財団法人松蔭会現理事長。

(c)2007 株式会社 松陰舎.All rights reserved.
1